インディゴエッセンスの特徴〜その3〜

〇ピンクエッセンス

これもまたチャネリングによって作られたシリーズです 1~13まで計13本あり、主に体の周りや空間のエネルギーを高い状態に保つという目的として使われます
非常に高い周波数の為、アルコールを嫌がったそうです(エッセンスが)なので、ほかのエッセンスと大きく違うところは保存用のアルコールが入っていないことです
代わりにソルフェジオの周波数528Hzで調整されたお水が使われています
(ソルフェジオ528Hzは壊れたDNAを修復する周波数だとも言われています)

また、アルコールには"パターンを保持する"という作用があります
これは3次元的には非常に便利ですが、未来にはその必要がなくなりアルコールは存在しなくなると言われていました

このシリーズは神は外側にいるのではなく自分の中に居ることを教えてくれたり、自分の源やヒーリングチームとの繋がりや再統合を体現するエッセンスです(宗教的な意味合いの神ではありません)


最後に…
このインディゴエッセンスのワークショップを受講した2014年にアンさんは

「これからやってくる新しい時代に備える」

と言うことを何度も口にしていらっしゃいましたが、それは今のこの時期を意味しているように感じています

こういった移行期には体に負担がかかることも多く、特に腰のエリア全般は体の再構築が行われやすいと言っていました
例えばそれは腰痛と言う形だけではなく、腸の問題、排泄や腸内環境の乱れ=腸内カンジダやリーキーガット症候群としても現れたりするかもしれません(女性の場合は子宮なども)
また、睡眠のパターンに変化が現れる人もいると言うことです
大切なことは日々の身体の調子を自分でチェックしていくことが重要で
些細な変化に自分自身で気が付いてケアをしていくことで突然の劇的な変化を経験しなくて済むことに繋がっていくかもしれません



少し長い記事になりましたが、少しでもインディゴエッセンスの世界観が伝われば幸いです


また、子ども達やご自身にとってのサポートとなりそうなエッセンスが見つかれば嬉しいです




インディゴエッセンスを使ったコンサルテーション等、リーディング、ヒーリングのお申し込み、お問い合わせはこちらです↓

Infinity ♾

自分を知り 宇宙を知る ミクロな視点からマクロな視点へ

0コメント

  • 1000 / 1000